2010年05月19日

壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)

【生活“不”必需品情報館】

 ファミリーコンピュータが世に登場したのは昭和58(1983)年。息子が寝静まった夜、暗がりの中で音を消し、両親がゲームにはまっていたことを覚えている。

 そんな「ファミコン」は修理してもらえるのか。任天堂に聞いてみると「交換部品が確保できず、平成19(2007)年にサポートを終了しました」。衝撃である。一般的に家電のサポート期間は6、7年と言われているが、ファミコンは部品がなくなるまで20年以上も続いていたのだ(後述の表を参照)。

 最近、3Dテレビが話題となっているが、私は覚えています。かつて、ゴーグルをのぞきこんで3Dゲームが楽しめる「バーチャルボーイ」を任天堂が販売していたことを。3Dマリオを使ったテレビCM、今でも忘れていません。「色が赤一色しか使えないゲーム機で、あまり売れませんでした…」と担当者。ちなみに任天堂の3Dゲーム機の元祖は、昭和61年の「ディスクシステム」でソフトが販売されたことがあるとか。それもまた、驚き。(渡部圭介)

 ■修理サポートが終わった任天堂ゲーム機(カッコ内は販売年)

 ファミリーコンピュータ(昭和58)

 ディスクシステム(昭和61)

 スーパーファミコン(平成2)

 ゲームボーイポケット(平成8)

 NINTENDO64(平成8)

 ゲームボーイライト(平成10)

 【U35】は、35歳以下の記者で取材・執筆しています。当<生活不必需品情報館>では、日常生活の素朴なギモンを調べます。

 投稿やお便り、質問は下記のアドレス(月刊オーサカ箱【U35】編集部)までお寄せください。u35@sankei.co.jp

【関連記事】
インベーダーからドラクエIXまで ゲーム歴史学
任天堂のゲームボーイが「オモチャの殿堂」入り
受け抜群!? ファミコンコントローラー型名刺入れ
Wiiインターネットチャンネルが無料に ネット接続を促進
DSで語られる『ファイナルファンタジー』の新たな進化のカタチ

<B型肝炎訴訟>国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁(毎日新聞)
法定外福利厚生費は742億円=98独法が9年間で―総務省調べ(時事通信)
新幹線延伸は別問題=もんじゅ再開での地元要望に―前原国交相(時事通信)
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)
鳩山首相が「6月以降も努力」と5月末決着断念を表明 普天間移設問題で(産経新聞)
posted by ヤスナガ ヒロミ at 03:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。