2010年02月26日

調理実習中 女児やけど 堺の小学校(産経新聞)

 24日午前11時半ごろ、堺市中区土塔町の市立東百舌鳥小学校で、調理実習の授業中、ガスこんろの火が近くにいた5年生の女児(11)の衣服に引火した。女児は背中にやけどをしたほか、火を消そうとした際、両手をやけどした。女児は病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 西堺署が詳しい原因を調べている。

【関連記事】
収穫のジャガイモで児童11人が食中毒
食育にベニズワイガニ、杉並で出前授業 24日、鳥取の漁協
若者の魚離れ防げ! 市場が出前授業
実習ショップ…“金の卵”が豪華もてなし
大阪府「産学接続コース」 来年度から本格始動

市場からイチゴ大量に盗む、自分の店で販売(読売新聞)
若者はしか予防追加接種の低迷続く 東北18歳は平均上回る(河北新報)
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職−埼玉県立大(時事通信)
「小沢氏は国会のテレビ中継でしゃべった方が」 共産・市田氏(産経新聞)
移転せず再整備を=反対派グループが提案−築地市場問題(時事通信)
posted by ヤスナガ ヒロミ at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。