2010年02月14日

外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会(産経新聞)

 全国都道府県議会議長会(会長・金子万寿夫鹿児島県議会議長)は9日、都内のホテルで永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案をめぐり、民主、自民両党など与野党6党との意見交換会を行った。

 民主党の今野東(あずま)参院議員は「(永住外国人は)税金を納めており、権利と義務のバランスがとれていない」などとして、法案成立の必要性を強調。公明、共産、社民3党も同調した。一方、自民党の山谷えり子参院議員は「憲法15条で公務員を選定し罷免する権利は『国民固有の権利』だと書かれている」と指摘。国民新党の亀井郁夫副代表も「帰化させるべきだ」と述べた。

 地方側からは「民主党の衆院選のマニフェスト(政権公約)になかった。暴挙だ」「実現させる前に憲法改正を国民に問うべきだ」などと反対意見が相次いだ。

【関連記事】
外国人参政権の反対署名消える、盗難の可能性も 兵庫・加西市議会
亀井金融相、夫婦別姓法案に反対表明 外国人地方参政権も
鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も
外国人参政権「民族感情刺激される」 亀井氏、重ねて反対を表明
首相、外国人参政権は「法案提出に向けて論点整理」 参院代表質問の答弁で

漁船銃撃、ロシアへの抗議取り下げず=平野官房長官(時事通信)
兵庫・佐用町、台風被害から半年 癒えぬ甚大な被害の傷(産経新聞)
<防衛脱税事件>秋山被告の公判が結審 3月29日に判決(毎日新聞)
自民、元女優ら2新人を擁立(産経新聞)
警察署から酔って発進(スポーツ報知)
posted by ヤスナガ ヒロミ at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。